幸せな人生のための心理学っぽいブログ(笑)

2017/11/25タイトル変更!前向きに幸せに生きたいので、タイトル変えました。うつ病を乗り越えたときの苦労を音声でyoutubeで上げてます。気持ち悪くなければ聞いてみてください(笑)https://www.youtube.com/channel/UCxFu3CBmQini8FAdSmQdp3A/videos

NEW YEAR GREETINGS

 

今年もよろしくお願いします。

皆様どのような年始をお過ごしでしょうか?

もう今日にはUターンラッシュが始まっているようですね。

ああ、すごい渋滞。。。


ここ2日振り返ってみますが。。。

年末の大みそか、珍しく紅白をあまり見ることなく、2階で本を読んでいました。

これ、かなり珍しいことです。

年末年始、実家で過ごすのはほとんどが飲んで食って飲んで食って。。。の繰り返しで、

毎度おなじみの2kg増で神奈川に戻ってくるのですが、

しかし、飲んで食ってはいつもと同じですが(笑)

テレビ。。。見るものがなさ過ぎて、と思い今回は本を3冊持ってきました。

3冊休み中に読む、と思っていました。

何も聞こえない自分の部屋は本当に集中できていいですね。

神奈川の家では一つの部屋にテレビやお酒、食べ物が置いてあって、

なかなか集中できませんよ。はい。

実家の2階には自分の部屋があります。

音楽もあまりありませんから、集中して本が読めています。

滞在日数はあと少しですが、もう少し集中して本を読もうと思います。

本当に年末年始のテレビって面白くなくなりましたよね。。。残念です。


さて、年越し蕎麦を食べ紅白後のゆく年くる年で2012年を迎え、

年の始めはさだまさしを見ながら年を越していたのですが、

この辺から少し不思議な感じがしてきました。

よく普段から思わないようにしていた「不吉な予感」というやつが出てきたのです。

学生のころから「いやな予感」「不吉な予感」を感じてしまうと、

本当にそれ相応の不幸な出来事に出会ってきました。

昨年はNLPなどを勉強してきたおかげで、そのいやなこともなんとかやり過ごすことができていました。

また、不吉な予感=新しい学びへの期待に置き換えていました。

それにしても・・・一体何に対する不安感なのか、最初は全然見当もつきませんでした。

その予感は元日日中も感じ続けていました。

どうしてなんだろう?いろいろ考えてもわからない。少し焦る年始の時間が過ぎていく。。。


元日から日付変わって2日になって、風呂に入っていろいろ考えている間に、やっと解決できました。

この年始の不安感は、2011年抱えていた自分の問題が完全に解決したことを意味するのでした。

2011年、心理セラピーやNLPを勉強することにより、

行きづらかった会社にもノリノリで行けるようになり、会社の中でも楽しく仕事をできるようになりましたが、

年内は会社でバリバリ仕事をできるようになった自分が少し気持ち悪く思えたのです。

デソシエイトした状態でしか自分のことを見れませんでした。

ところが、年が変わるタイミングで、完全にアソシエイト出来たと考えています。

アソシエイト出来た証拠が、仕事以外での自分への不安として現れたと考えています。

2011年は仕事での自分のふがいなさが目立ちすぎて、

それ以外の自分の悪いところが全く見えなくなっていたのです。


年明けしてすぐに感じた「不吉な予感」も「新しい学びへの期待」の現れだったのです。

2つ目の大きな変化への期待が高まりました。

「不吉な予感」を感じると自分が辛いというのは覚悟が出来ています。

だって、変化には痛みを伴うのですから。

でも、苦しみから逃げていたところで、自分の何が変わるというのでしょう。。。

自分としっかり向きあい、対話していくことが今年の一番大事なことではないか?と思いましたので、

年頭の目標をしっかり考えていきたいと思います。


また、別の日付にて2012年の目標を掲げていきたいと思います。

改めまして、皆様今年もよろしくお願いいたします。