読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの問題を解決する    『鉄道×心理』の世界へ

「今抱えている問題は、今とは違う場所が解決してくれる」鉄道と心理学をミックスし、新しいものを発信します。 旧鉄道Blogはこちらからhttp://ameblo.jp/louis0721-0618/

みんな『ミカタ』

先週日曜日に静岡県の掛川新茶マラソンに参加してきました。


フルマラソンで、最後30キロを過ぎると標高差100mを上るという、

ドM心くすぐられる、かなりタイトなレースでした。

結果は、5時間14秒と、少し悔しい記録ではありましたが、

30キロを過ぎても歩くことなく走り切れたので、良かったなー、という気分です。


このマラソン大会でいろいろ勉強になったことがあったのですが、

とくに勉強になったのはタイトルのみんな『ミカタ』ということです。


例えば、南風。

コースはいったん海側まで下り、海沿いを少し走ってまた北向きに戻るというコースなのですが、

南に向かっている最中は、南風は向かい風でしかありませんから、これって苦痛です。

しかし、北向きに進路をとっているときは、南風は自分の背中を押してくれる追い風です。

最初はつらいと思っていても、実はミカタだったりする。


例えば、坂道。

確かにコースはタイトで厳しい、最後の10km上りなんて、とんでもない。

でも、ゴールした瞬間に、このコースで5時間で走れるとは思っていなかったのに、

自分は5時間程度で走れるという実力を知ることができた。

このコースでなければ味わえない達成感を演出してくれた、

この坂道って自分にとってはミカタです。


曇り空だってテンションは下がるけど、走る男にとっては涼しくていい気持ちとか。

 


そう、気持ち次第で全部ミカタになるんです。


日常生活の苦痛って、最初は敵だと思ってた。

自分のためにならない不条理なことばかりだから。

でも、人間関係だって、ツイてないことだって、

なんだって、自分のために起こっているんだ、って考えてしまえれば、

全部ミカタなんです。


明日以降も起こることって、全部が全部ツイテないことばかりじゃないんです。

みんな、ミカタ。

信じていればいいことあるよ。きっとね。