あなたの問題を解決する    『鉄道×心理』の世界へ

「今抱えている問題は、今とは違う場所が解決してくれる」鉄道と心理学をミックスし、新しいものを発信します。 旧鉄道Blogはこちらからhttp://ameblo.jp/louis0721-0618/

強い人

某ビールのプリントシャツを着て、

何気にビール好きをアピールしすぎたRUIです。

今夜からGW。

夜行高速バスで移動ですが、しっかりスーパーで買いこんでバスの中ではガッツり飲むぞー(笑)

 

節目が嫌いなはずの自分ではありますが、

(節目についてはコチラ )

ふと、気がつけば。。。

心理セラピーを受けて1年経っていましたので、なんとなく1年前の自分と今の自分を比べてみたのですが。。。


うーん、うーん。。。

書くことがない!!!笑


「全く変わっていませーん」という意味ではありませんよ。


今の自分の状態があまりにもしっくりきすぎていて、

うまく書けるかなー?という意味です。

え?だったらそう書けって?

ハイ、失礼しました。

 

今、自分で自分のことを客観的に振り返ると、

1年前の自分を見て、『ほほえましい』という感じでしょうか。

これは、「1年前の自分のどん底がなかったら、今の自分はないなー」ということでもあります。


なんだか不思議なのですが、

あの時は本当に辛かった。

会社に行くのも身体が重たく、何かと言えば熱が出て休みがち。

社内での信用は低下。

営業時代にも鬱になったことがありますので、再発か、精神科いかなきゃ、とか思ってました。


でも、今はその影すらない。だって、

会社にいてる自分のほうが活き活きしてるんだから。


いやー、心理セラピーって凄いな、と改めて思いました。


今の自分をもう少し自己分析してみると、

大きな悩み事があっても、それに対して冷静に受け止められるようになってきましたよね。

悩みがない、という意味ではなく、

一つ一つの悩みに苦悩する回数が減ってきたと言うことでしょうかね。

そして、受け止めて分析して解決できる、と自分でイメージしながら対処しているから、

毎日本当に気持ちよく生きています。


ふと。。。

こういう人のことを『強い人』って呼ぶんだろうな。。。

今になって思うのは、僕のなりたい自分像って、こういうことだったんだろうな、と実感しています。


学生時代はいわゆるいじめられっ子であった僕は、

強くなりたいとは思っていました。

それって、喧嘩が強いとかいじめる側にいるとか、そういう間違った強さを求めていたと思うんです。

でも、本当の強さって、そんなつまらないものじゃないんですよね。

もちろんマダマダ強い人になりきれていないし、道半ば。

でも、なりたい自分の方向性は間違っていないと確信できています。

 


いやー、心理セラピー受けてよかったな。

 


申し込んだときに自分の背中を押してくれた「一寸の虫でも五分の魂」的なものって、

いったいなんだったんだろう??

 

明らかに自分の中にいた、いや、あった。


だめだ、だめだ、という自分の中にたくさんあった悪い部分に埋もれていて、

なかなか気づけなかった何か凄いもの。


今でもわからないその正体。


でも、生きている人、全てに共通して、

僕の背中を押してくれたような、なんだか判らない何かを

人はそれを携えて生きているんだと、今は確信を持っています。