読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの問題を解決する    『鉄道×心理』の世界へ

「今抱えている問題は、今とは違う場所が解決してくれる」鉄道と心理学をミックスし、新しいものを発信します。 旧鉄道Blogはこちらからhttp://ameblo.jp/louis0721-0618/

舞台

GW最終日に近くに落ちた雷にビックリしてしまい、

本気で腰を抜かした33歳独身です。

 

 

 

大阪からは昨夜Uターンして来ました。

今日はそのとき新横浜での自分の投稿を恥ずかしながら掲載してみます。

 


>新横浜なう。
>一昔前とは全然違う自分。
>新横浜に降りた瞬間『輝くためのステージに立った』 感覚に酔いしれた。
>まだまだ上に登り、輝きまくってやる!行くぞ~っ!

 


え~っと、名古屋までで缶ビールを3本飲み干していますので、

新横浜で下車したときは、まだまだ酔いはさめていませんでしたが、

帰宅してフト見直した自分の投稿に、目がキラーン。笑

 


去年までは、長い休みが終わると、

「うわー、明日から仕事か・・・嫌やなー」と自分にどんどんマイナスの呪文をかけてしまっていました。

しかし、昨夜はこんな感じでしたので、かなりいいモチベーションで戻ってこれました。

 

 

 

『舞台』と聞いて、何を思い出しますか?

歌舞伎の舞台。。。

ストリップ劇場の舞台。。。

映画の舞台。。。

色々ありますが、ここであげたのは全て自分が観客席で見てる舞台です。

ここにあげた舞台に上がる人は「スター」みたいな人ですよね。

 


どうして自分が観客になってしまうかというと、

その舞台が敷居の高すぎるものだから、でもあるのですが、

自分が上がれない場所だと思い込んでいるからです。たぶん。
でも本当にそうなんでしょうかね???

 


自分の一生という長いドラマも、

一日という短編ドラマも、

一秒というスナップショットも、

自分が主役の舞台だと思うんだけどなー。

 


と、考えていると、

休暇明けに仕事に行くのがツライ。。。という思想が出てこないのはいうまでもありません。

 


さて、今日はどんなドラマが待っているんだろう。。。

いよいよ開演です。