幸せな人生のための心理学っぽいブログ(笑)

2017/11/25タイトル変更!前向きに幸せに生きたいので、タイトル変えました。うつ病を乗り越えたときの苦労を音声でyoutubeで上げてます。気持ち悪くなければ聞いてみてください(笑)https://www.youtube.com/channel/UCxFu3CBmQini8FAdSmQdp3A/videos

点か?線か?

会社の後輩の女の子にハッキリと

「和田さん、若くない」と言われて、異常にショックを受けてしまったRUIです。

 


え~~っ、そんなんいうなや~~笑

 


自称34歳独身です。笑

 

 

 

そんな楽しい後輩がいる職場でのヒトコマ。。。

 


珍しく自分が作業者としてルーチンワークにはいることになりました。

今の職場は生産部門なので、

何をするにしても指図書というものが存在するのですが、

指示内容が掲示されている作業予定表と違うことに気付き、

事務の人に連絡をとりました。

結局は、生産を統括している部署のミスで指示内容が異なっていた、という状況で、

指示内容を修正して事は終わったのですが。。。

 


チームの上司に当たる人が僕にこう言ってくれたんですね。

「いやー、良く気付いてくれたよ。Good jobだったね」

 


単純に見ればほめ言葉なようですが、うーん、今日はなぜかNoみたいな気分に。。。

どうしてだろう?

 

 

どうして僕は素直に喜べなかったか。。。

『Good jobだったね』という言葉が若干カチンときたかもしれません。

今回の件に関しては、君はよくやってくれたよ、という意味でしょうかね。

もう一人の自分が言います。

「今回だけ良かった、みたいな言い方やな」

だったね、と過去形なのも若干微妙な気がします。

 


なんていうんでしょうね、点でほめられているという気がします。

その1点だけは良かった、あとはいつもと変わらないけど。。みたいな。

ひねくれてますよね。笑

 

もし僕が逆の立場だったらなんていうかな。。。

「いや~いつもありがとう。気付いてくれて助かってるよ。いつもいい仕事してるね。。。」

とか言ってるかも??

点に対して線かな。

今でもそうだし、前からずっとそうだよね、というニュアンスをしっかり伝えたいですね。


それに、、、

いつでもGood job!と言えるように、悔いなく毎日過ごしたいものです!


もう一度!


いつでもGood job!!