あなたの問題を解決する    『鉄道×心理』の世界へ

「今抱えている問題は、今とは違う場所が解決してくれる」鉄道と心理学をミックスし、新しいものを発信します。 旧鉄道Blogはこちらからhttp://ameblo.jp/louis0721-0618/

ああ、もったいない。

こんにちわ。


もうすぐ35歳、今日・明日の天気予報だけでビビりまくっているRUIです。


カミナリ・コワイ(←笑)

 

エアコンの試運転も兼ねて、部屋を閉め切ってPCと時刻表を交互ににらめっこ中です。

超ヘタレ(笑)

 


ある日のこと。

その日は仕事が半日だけで、午後からお休みの予定でした。

その日の仕事量、頭で計算するに、

絶対独りじゃムリ!!的な仕事量で、

前日から「こんな仕事ボリュームなんか、こなせっこないよ~」とぶつぶつ言っていました。


ところが。。。

当日、特にトラブルもなく順調に進み、自分に与えられた仕事、殆ど終わっちゃったんですね。

最初、予定を組んでいる人に恨みごともぶつぶつ言ってたんですよね。

こいつはドSだ、とか、なんで俺ばっかりこんな辛いんだ?とか、

出てくることは愚痴ばかり。


でも、終わったことで一安心しながら、帰り道ふと考えてみたんです。

なんで自分が無理と思っていた作業ボリュームなのに、終わったんだろう???

普通に休憩もしたし、少しだけ早めに作業に取り掛かっただけなのに。。。


しばらく不思議で不思議で解らなかった。


よくよく分析してみると、起こってる事象は殆どが自分の中で起こっていると気付きます。

自分の頭の計算=こんな仕事量無理

自分の行動の結果=無難に終了できる仕事量だった


ん~、何だか閃いてきそうな。。。


『自分の意識している中での見積もった作業量』<『自分の意識していない中での作業量』

(小なり)


これはさらに深く突っ込むと、

『自分の意識している以上に、自分の無意識は行動できる』

ということなのかな、と思いました。


いや、もしかすると、

自分の意識が、無意識を制限する可能性もある、ということかもしれないですね。

 

これまで、良くなってくる過程の中で、いろんな勉強をしてきましたが、

無意識が意識を制限している場合がある、ということは知っていました。

意識と無意識の不調和が、メンタルの不安定をもたらすということも経験しました。


でも、今回の話は逆もありうるということですよね。

 

最初から何でも「ムリ」ということを考えていると、

色々な局面で損していそうな気がしました。

ああ、もったいない。。。