名前のないブログ

2018/1/13タイトル変えすぎっ!(笑)メンタルの話メインに何でも書きます。辛くなった時、読んだらほっこりできるブログを目指します。

地味に輝くって素晴らしい。

2018年1回目のBlogです。

あけまして、おめでとうございます!!

今年もよろしくお願いします。

 

さてさて、今年はどんな1年になりますやら???

昭和53年生まれは、前厄らしいです。

へ??厄年に足踏み入れるっってことっすか????

 

2017年、

うつ病、3度の自殺危機を乗り越えたというのに、

そっちは厄年ではなかったというのかい??

笑わせんな!!(笑)

 

笑ってるし。。。(笑)

 

なんかね、色々考えてましたよ。

年末年始、実家に帰ったけど、

色々部屋にこもって考えてたんです。家族とあまり会話しないで(笑)

 

ホントの倖せってなんだろ~~と。

 

で、2017年の年末恒例の振り返りで、

こんなことをFACEBOOKにあげていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

色んな意味で良い1年だったな、と思えるのです。
ええ、2017年もなんですよね。
あんなに色々あったのに、
今年も本当に良い1年だったという結論になるんですね。
そして、今年が良い1年だったという結論が、
毎年毎年年末に出せると、
数珠つなぎにこれまでの過去が素晴らしかった、
と言えるようになるわけで。。。

あ、北が今年の感じかなんかになってましたが、
僕の感じは『倖』です。
普通の幸せという意味ではなく、
人としての幸せって、この漢字だろうなと思い、
今年の漢字に勝手にしました。(笑)

倖せとは何かを心の底から実感できた1年、
やっぱり素晴らしく良かった1年でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのうえで、

2018年の年始にfacebookにあげたのは、、、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1秒の積み重ねが1分、
1分の積み重ねが1時間、
1時間の積み重ねが1日、
1日の積み重ねが1か月、
1か月の積み重ねが1年、
1年の積み重ねが一生。。
という事を実感できるように、、、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我ながら素晴らしいと自負するほど(笑)

 

でも、ほんとーによくできたコメントだ(しみじみ…)(笑)

 

ここからはマジメに。。。

 

『一度死んだと思ったら、

 もう怖いもんなんて何もないよ』

これはマジで今も思っています。

そして、毎日思い続けるでしょう。

だって、

『生きてるだけで倖せだから』

です。

 

そして、2017年の経験で

『心と身体はつながっている』

と学んだので、

病気になっても絶対に自然治癒できる自信もある。

 

2018年は、

この3つを少しでも多くの人にわかってもらえるような、

そんなブログを書いていきたいと思います。

 

そして、

1年を通してやりたいことは、

毎日きちんと1日を振り返り

『よかったことをしっかり腑に落とす』ということを

【習慣化】していきたいです。

 

また、このブログでは、

【地味にさらけ出して輝く】をモットーにしていきたいと思います。

 

地味に輝くって、すごく素晴らしいと思うんです。

例えば、舞台で活躍している女優よりも、

舞台の裏方で頑張る職人さん。

バンドで言えば、メインボーカルよりも、ベーシスト。

地味なんだけど、なくてはならない存在のものって

いっぱいあるじゃないですか。

でも、注目されるのはとにもかくにも目立つほう。

舞台女優やメインボーカルのほうが輝かしく見える。

でも、メインの人が輝くのは、

地味だけどなくてはならない存在の裏方さんの輝きがあってこその、

あの派手な輝きなんだろうな、と勝手に思います。

そうそう、お月さまみたいな感じ。

お月さまって太陽の光が当たるからあれだけ輝いてるんでしたっけ??

(詳しくないけど。。。汗)

 

一瞬だけ派手に光って直ぐに見えなくなるなら、

地味にずっと輝いていることのほうが、

僕は倖せでないかと思います。

太陽の力は素晴らしいと思います。

けど、太陽になりたいなんて思いながら生きてると、

しんどすぎるんじゃないかなと。

これまで、無理して輝くことを意識していたんだろうと思います。

 

地味に輝いていることを見つけ続ける、

それが毎日よかったことをしっかり振り返り、腑に落とす、

ということにつながっています。

2018年が前厄でも、

2019年が本厄でも、

2020年が後厄でも、

20××年に世界が終わっても、

僕は永遠に輝き続けます。

だって、

生きているだけで倖せだから!