読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの問題を解決する    『鉄道×心理』の世界へ

「今抱えている問題は、今とは違う場所が解決してくれる」鉄道と心理学をミックスし、新しいものを発信します。 旧鉄道Blogはこちらからhttp://ameblo.jp/louis0721-0618/

心を動かす人

こんばんわ。

 

どうも不調な感じで、あまりブログが更新できていませんでしたね。

パワースポットに行ったぞ、という話はあるのですが、

まとめる気力がありませんで。。。笑

 

でもって、今日は別の話題かよ。(笑)

 

 

数年前、僕は低空飛行でなかなか上向かず、

心理セラピーやら心理学をかじったという話を以前書いたかと思います。

書いてなかったらまた書きますが。(笑)

 

で、その時の講師の先生の話を少ししたいと思います。

大学受験失敗、その後フリーター、その後会社員になり、

12年前に今の心理学スクールを立ち上げたという経歴の持ち主で、

僕がその心理学を受講したのは約5年前。

当時はその先生も講師として色々教えてもらえていました。

今は会社のCEOとして活動されていて、

講師としては殆ど前に立たない方となってしまいましたが、

今でもその先生の講義は本当に印象深く残っています。

 

心理学を受講し終わった後も、メールマガジンは届きますので、

その先生が書いたと思われるメールが届き、

当時の講座の中で聞いた話もあったりして、

色々勉強させてもらっています。

 

昨日の夜、その先生からのメーリングリストで来たメールを見て、

ふと当時の講座のことを思い出しました。

そして、youtubeとかでその先生の動画とかあったらラッキーとか思いながら

色々ザッピングしていると、その先生がインタビューに答える動画を発見しました。

1時間程度の動画でしたが、5年前の講義を聞いているような感じで、

本当に懐かしく、かつ、勉強になる動画でした。

 

その先生の動画を見ていてふと思ったのです。

『講師として前に立ち、つたえることがある人ほど、

人生が充実している』んだろうなと。

この先生はカリキュラムの内容にとらわれないで、

その場で学びにつながる深い話をしてくれる先生でした。

生まれてから会社を起業するまでの苦労話とそこから学んだことを

惜しみなく話してくれる先生でした。

その先生が忘れられずに、大阪まで行って販売系の心理学を学んだり、

フォトリーディングの講座を受講したりと、

この5年間で3つぐらい受講しました。

 

印象的に言葉で伝える方法を熟知していることもありますが、

自分の経験をもとに●●理論と名付けて講座で紹介するなど、

いつ読んでもいつ聞いてもすごいなと思います。

 

でも、この先生の凄さは、やっぱり経験の多さだと思うんです。

辛かった、思い出したくないような経験でも、

その経験が学びにつながったという考え方をできている点、

本当に凄いと思うし、

そのすべての経験を万人にも当てはまるように咀嚼して伝えることが出来る。

本当に凄い人だと思います。

その沢山の経験がなければ、今のCEOになっていなかったでしょうし、

僕も先生とは出会ってないんですよね。

 

さて、今自分がセミナー講師として前に立ったとき、

聴衆を前にして、どれぐらいの話すネタがあるでしょうか?

そして、そのネタは、どれぐらいの聴衆の心を動かせるでしょうか?

沢山しゃべることが出来る人ほど、

僕は人生が素晴らしかった人だと思えるんですよね。。。

うん、ネタ帳をちょっと作ってみよかな???笑

スピリチュアルなこと

こんばんわ。

チャクラ解放CDブックのクリスタルボウルの音色で、

毎晩爆睡しすぎております。RUIです。

 

昨日のBlogの続編的なものを。。。

 

金曜から日曜午前中までのダイジェストです。

<金曜日>

・職場で嫌なことがある。

 

<土曜日>

・みずがめ座の新月の日。願い事がかなうという。

・休日出勤

・昨日の嫌なことについて書いた日報を見て、さらにテンションダウン、

 怒りのエネルギー上昇。

・会社辞めてやろうかな~なんてマジで考え始める。

・管理職の人が来ないとわかっていたので、少しは手を抜いても大丈夫、

 とか思いつつも、案外まじめに仕事をこなしていた。

・みずがめ座の新月の日の願い事は、新月から8時間以内に願うとかなうらしく、

 15時ぐらいに願い事を紙に書いて願った。(休憩中)

・会社を出て、そのまま帰る気にもなれず、近場をドライブ。

・川沿いで夜空からのエネルギーを得たいと思いつつも、いい場所がなく

 結局そのまま帰った。

・仕事の怒りがなかなか収まらず、こんなに怒ってるの久しぶりと思う。

・家でメールをチェックしていると、メルマガに

 失敗を他人のせいにするのではなく、自分の悪いところを見直す

 きっかけにするようにという内容があり、あまりにもタイムリーすぎて、

 シンクロニシティーを感じ、さすが新月!と思った。

 

<日曜日>

・目覚めてふと昨日の怒りについて思い出した。

・少し考えて、3日も引きずる怒りなんて久しぶり、と思いつつ、

 ここまで怒ってるなんて、逆に切ないな~と感じた。

・洗濯・ご飯炊きながらこのブログを執筆中。

 

今日も下線部を注目ですね。

新月!ばかり言ってますね(笑)

1月29日はみずがめ座の新月で、そこに旧正月が重なり、

さらには、一粒万倍日も重なって、

凄まじい新月の日らしいと、あるメルマガで知りました。

【かなえたいことがあれば、願うと叶いやすい】と書いてありましたが、

この日、僕も15時休憩で紙を取り出して自分のかなえたい夢を書きました。

新月は9時台から始まり、そこから8時間以内に書くと叶いやすいとか

書いてありましたので、

15時ぐらいがラストタイミングだな、と思い、書きました。

新月の日はリセットして新しいことを始めるのに最適ともありましたので、

お金磨きを毎日やってみようとか、

簡単家計簿を始めてみようとか、色々考えて行動に移しました。

 

更には日曜日、自分の風水属性「地」のパワースポットである

皇居を一周歩いてきました。

詳細は別途記載しますが、二重橋あたりがかなりのパワースポットらしい、

と書いてありましたので、写真を撮ったりしてました。

皇居外回りにあたる、内堀通りを歩いていると、

自分の向かって左側にお濠があって、右側には車道です。

左側の静けさがすごいな~と終始思い続けていました。

そして中に入れるところからはいると、

観光客はいるものの、都会のど真ん中なのに、なんだこの静けさは!!と

観光客以上にびっくりする僕でした。

 

とまあ、こんな感じでパワースポットを歩いてきて、

その場では効果がよくわかんなかったけど、

どこかで気づかないところでじわじわ凄い流れが起こっているんだろうな、

と根拠はないのですが、思えるようにはなりました。

 

新月にしても、パワースポットにしても、シンクロニシティーにしても、

ちょっとスピリチュアルな世界は中々一歩踏みいれづらいものですが、

それでも『頼るものがないよりは、頼るものがあるほうが安心だ』

という気がしています。

 

ゴスペルをしていますが、あれも神様へ捧げる歌が多いですね。

神様、あなたは偉大だ!という歌詞もあったりします。

冷めた見方をしてしまえば、なんてことない、終わってしまいますが、

自分が元気になれるなら、借りれる力全部借りてしまって、

総動員してMAX元気になってやりましょうよ。

そうすれば、神様だ、魂だ、いろいろなスピリチュアルなものが喜んで、

自分だけではなく周りの人、ひいては世界を平和で幸せにしてくれる。

 

あなたのパワースポットはどこですか?

怒りが教えてくれるサイン

今日は、金曜日から今日日曜日までの出来事を

ダイジェストで勝手に振り返ります(笑)

明日のBlogもこれやりますので(笑)

 

<金曜日>

・職場で嫌なことがある。

 

<土曜日>

・みずがめ座の新月の日。願い事がかなうという。

・休日出勤

・昨日の嫌なことについて書いた日報を見て、さらにテンションダウン、

 怒りのエネルギー上昇。

・会社辞めてやろうかな~なんてマジで考え始める

・管理職の人が来ないとわかっていたので、少しは手を抜いても大丈夫、

 とか思いつつも、案外まじめに仕事をこなしていた。

・みずがめ座の新月の日の願い事は、新月から8時間以内に願うとかなうらしく、

 15時ぐらいに願い事を紙に書いて願った。(休憩中)

・会社を出て、そのまま帰る気にもなれず、近場をドライブ。

・川沿いで夜空からのエネルギーを得たいと思いつつも、いい場所がなく

 結局そのまま帰った。

・仕事の怒りがなかなか収まらず、こんなに怒ってるの久しぶりと思う。

・家でメールをチェックしていると、メルマガに

 失敗を他人のせいにするのではなく、自分の悪いところを見直す

 きっかけにするようにという内容があり、あまりにもタイムリーすぎて、

 シンクロニシティーを感じ、さすが新月!と思った。

 

<日曜日>

・目覚めてふと昨日の怒りについて思い出した。

・少し考えて、3日も引きずる怒りなんて久しぶり、と思いつつ、

 ここまで怒ってるなんて、逆に切ないな~と感じた。

・洗濯・ご飯炊きながらこのブログを執筆中。

 

このダイジェストを2日使って、別のテーマを書きます。

今日触れたいのは、アンダーラインの部分。

今日気づいた『怒るって切ないこと』だな~ということです。

 

怒りのエネルギーってもったいないですね。

何をやっても楽しくないし、

考えている間は手が止まってしまって生産性が下がるし、

そもそも怒ることに大切なエネルギーを割いてしまっていることが

もったいない。

 

どうして怒るのか、よくわかんない部分もある。

 

自己防衛のために怒るのもあるでしょうし、

それまでたまってたものが爆発することもあるでしょうし、

個人によって要因はさまざま。

まだ自分の原因は追究できてないままですけど、

それでも、

ホント、自分が一度火が付いたら余りにもしつこくて、

こういう自分は捨てたいな、と思います。

 

でも、、、

そんな自分が自分の中にはいるんだ、ということは認めてあげないといけません。

だって、他ならぬ自分の中で起こっていることなんだから。

そこでそんな自分は大嫌いなんて言ってしまうと、

多分自分は拗ねてしまうんでしょう。

それがこれまで繰り返してきた過ちなのですから。

 

お~

そういうことか!!

 

今、急にしっくりきたんですけど、

なかなか収まらない怒りが出てくるときって、

『自分のことを好きでいることが出来てないぞ!』という

シグナルのようなものなのかもしれませんね。

そこから一歩踏み外してしまうと、自分のこと大嫌いになってしまうぐらいの

瀬戸際まで来ている感じのようなもの。

なんなら、足元少し崩れたぞぐらいな感じかもしれません。

そこからさらに進むと、本当に自分が嫌いになって立ち直れなくなるとか、

末期症状まで突ききってしまうんじゃないでしょうか。

 

なるほど。

もっと大切にしなきゃいけないものがあるとするなら、

それは…自分ですね。

 

怒りは確かに自己防衛のためのものかもしれないけど、

その自己防衛の意味を今まで間違ってとらえていたのかもしれない。

自己防衛してるつもりが逆に自分を奈落の底に落とそうとしていたなら、

危ないところだった。

自分のことを嫌いになりそうになってるぞ、

だからそんな自分をしっかりと受け止めて、大事にして、

精いっぱい自分に謝って、自分を許してあげないといけないわけだ。。。

 

う~俺ってすごい!(笑)

さすが、みずがめ座の新月

傍観者を卒業してみよう

♪横目でちらり~そこの傍観者~

 

おはようございます(笑)

 

知っている人は知っている、初期のころのゆずの歌です。

 

 

最近書いたアウトプットが大事ですという話の延長になります。

 

ここ最近メルマガに何個か新たに登録しました。

毎日のようにメルマガが届くようになりましたが、

やはり情報の取捨選択をやりながら、

やってメリットがありそうなことをやっていると、

自分の毎日の充実度が上がっていくような気がしましたので、

継続していこうと思っています。

そんな中で、あるメルマガで知ったことを実際にやってみて、

自分の中で確認したいことがあり、その方にメールを送って質問したことがあります。

すると、そのメルマガの書き手の方は次の日の朝にはもう返事をくれていて、

自分の中ですっと疑問が解決し、さらにバージョンアップして

次の日から充実度がさらに上がるという経験をしました。

しかも、その質問の内容をメルマガの話題として配信してくれたんですね。

自分の質問内容がメルマガにそのまま掲載される恥ずかしさも若干はありますが、

それよりも

「自分の考えていた疑問が、書き手の人によってメルマガのコンテンツになる」

ということについて、新鮮さを感じました。

 

アウトプットする内容は特に制限もないので、どんどんすればいいのですが、

傍観者で居続けるのではなく、ほんの少しの勇気をもって

混ざってみるのも面白いかなと思いました。

メルマガを書く人しかり、ブログを書く人しかり、

一方でメルマガを読む人しかり、ブログを読む人しかり、、、

なんとなく、コミュニケーションをとっているような感じですね。

こういうのが積み重なって自分が出来上がっていくと考えると、

やはりいろんなサイトで情報収集して、、、という

話はうなづける気がします。

 

ただほどコワイものはない??

ただほどコワイものはない・・・

 

なんて話よく聞きますかね??

 

よく見ますね、最近、不労所得で一攫千金とか、

お金持ちになる方法とか、

色々見かけますね。

かくいう自分も騙されました。

その遍歴??をさかのぼってみたくなりましたので、

笑ってみてやってください(笑)

 

・雑誌の裏の万札風呂の夢がかなうと思って、

 キーホルダーを買ったことがある→万札風呂どころか、今は。。。(ヒミツ)

 

・無料出会い系だと思ったら、有料出会い系に勝手に飛んでしまう仕組みで、

 数十万損をしたことがある→言葉にならんわ(笑)

 

・変なサプリメントのサンプルを無料でもらえるとのことで、

 エントリーはしたものの、結果バッタもんだった。

 

ま、いろいろ経験しまして、お金とむしり取られてしまっています。

タダほど怖いものはやっぱりないです(笑)

。。。というのはちょっと早い!

 

最近、アウトプットが流行っているのか、個人ブログで

自分のノウハウを惜しげもなく公開する人増えてきましたね。

また、セミナー情報のホームページなどを見ていても、

無料のセミナーって多いですよね。

ま、結果的には何かの宣伝だったりすることも多く、

最後のほうで宣伝(有料セミナー)があったりするんですよね。

でも、無料で知ることのコンテンツが大分クオリティーが上がってきているというか、

動画や音声などでいろんな情報を得ることが出来るようになってきているんです。

有料セミナーに進むかどうかは、あくまでも個人の選択なので、

無理に選ぶ必要はないとしても、

読んでためになる情報って、案外簡単に見つかるものだと思いました。

 

youtubeなどは最たるものではないでしょうか。

伝説のスピーチで検索すると、スティーブ・ジョブス

大学の卒業式のスピーチをノーカットで見れますし、

堀江貴文さんの近畿大学卒業式でのスピーチも見れます。

その場にいなければ見れない・しれないはずの情報をいとも簡単に。。。

そんな時代になってきたようです。

先ほどの堀江貴文さんのスピーチではこんな話がありました。

これからの未来、予測しづらい将来を生き延びていくためには、

情報があふれるインターネットを駆使して自分で情報を集め、

自分でその情報を咀嚼して考え、

自分から情報を発信する人が勝ち組になれる人だ、みたいな内容です。

正しいかどうかはご自身で確認していただくとして・・・

 

書籍など、お金で情報を買う時代から、無料で手に入れる時代になった。

いや、違いますね。

情報があふれているので、手をさっと出せば、

情報が引っかかるような感じ。

その情報の中から、自分に必要な情報を取捨選択する時代になったようです。

 

情報の価値というか、いくらが相場なのかは正直わかりませんが、

僕の個人的なイメージは、表面的な知識というか、

広く浅くのレベルであれば、おそらくほとんど無料で手に入る。

そして、その情報を深めたい・学んで何かに生かしたいという場合に、

お金を払って学ぶ、という感じになっているようですね。

僕もセラピーとか心理学を学んだりとか、

色々な面で自分に投資をしてきましたが、

やはりブログやメルマガなどを通して理解できる内容であれば、

それを取り込んでいきましたし、

もっと知りたい、という強い気持ちがあったので、

それにはお金をつぎ込んできた、というのがこの7年ほどの傾向です。

 

「ただほど怖いものはない」というのは

もう遠い昔の話のようです。

狭く、深く

突然ですが、買いました。

f:id:yamatoji-rapid0721:20170123211829j:image

じゃ~ん!!!(笑)

久しぶりの小型時刻表。

鉄兄ちゃんとして尊敬しております、

藤田大介アナウンサーのコラム目的で購入しました。

初めてお会いしたのは鉄道ツアーの三陸鉄道北リアス線の時でした。。。

ああ、懐かしや。。

f:id:yamatoji-rapid0721:20170123211834j:image

で、コラムが面白かったのですが、

そんな中でも、自分が何鉄か?と問われたら、「アナウンス鉄」と答えるとのこと。

確かに独特なアナウンスの車掌さんたくさんいますもんね。

 

うん、、、アナウンス鉄って、自分もかもしれません(笑)

特に自動放送のアナウンスは誰がやっているとか、

駅の接近放送のアナウンスは誰がやっているとか、、、

ま、それを知ったところで何も得にはならないんですけど。。。

フジテレビ元アナウンサーの堺さんの特急アナウンス、

それに続くジーンさんの英語アナウンスで

「特急列車はこの二人」というイメージがこびりついた自分にとって、

大阪環状線323系の自動放送は、

小田急・東急・京王でおなじみ西村さんのアナウンスに続いて、

ジーンさんの英語アナウンスが流れたとき、

ハンパなく違和感があって、慣れるのに時間がかかりそうなイメージでしたね。

まあ、仕方ないんですが。。。笑

 

 

と、本当にどうでもいい話ばかりすみませんね~。

さて、

それを知ったところで誰も得をしないこと、ってどれぐらい知ってますか?

僕はどれぐらいあるかな~って考えますが、

鉄道から高速道路とか、バス、飛行機、交通関係は多いかな。

ブラタモリタモリさんなら、地形・高低差・地層など、

かなり沢山ありそうな感じですが。。。

俗にいうマニアックな知識というやつかもしれませんが、

カッコイイ言い方をすれば「専門知識」を持っているということ。

この『それを知ったところで誰も得をしないであろうこと』でも、

積もれば「専門知識」として重要視される可能性もあるんでしょうね。

 

雑学王とかって、ああ、知っているのね、ぐらいなんでしょうけど、

「専門知識」を持っている人と言われると、

狭く深くみたいなイメージですから、

なんかかっこいい感じしませんかね?

なんか武器にもなりそうな予感がします。

うん、もっと鉄道の知識もある程度特化したほうがいいのかな、ふむふむ。

 

あたりまえ

僕はバスで会社に通勤しています。

乗車口で交通系ICカードでピッ、とやって、

降車口でピッとやっております。

 

皆さんはバスを降りるとき、どうされてますか?

もしくは、ワンマン列車で無人駅とかで降りるとき、どうされてますか?

そのまま乗車券を提示したり、運賃箱に運賃を入れて、

そのまま何もなく出て行かれますか?

 

僕は基本的には運転手の人に大きな声で

「ありがとうございました」

といいます。

運転士の人も同じ言葉を言っているのですが、僕も言います、

「ありがとうございました」と。

 

中にはこんなことを言う人がいます。

「え?何がありがとうなの???

 こっちはお客で利用してあげてるのに、何でお礼するのさ???」

正気でしょうか?と話を聞いて思います。

 

なぜ僕が「ありがとう」というのか?

 

運賃を払うか払わないか、という話の前に、

『いつものバス停で待っていると、

 時間になったらそこにバスがやってくること』

に対して、僕は「ありがとうございます」と言っているのです。

バスの路線がなかったら、会社まで自転車かバスで行かなければなりません。

事業者と利用者、ということでしか考えていない人は、

絶対にありがとうとは言わないでしょう。

 

巷では国鉄民営化30年という話が出ていますが、

僕が物心ついたころは、私鉄は自動改札が主流でしたが、

国鉄と言えば自動改札がなく、切符に改札鋏で切り込みを入れる駅員さんがいて、

そこを通るときには、

駅員さんが必ず「ご乗車ありがとうございます」といってくれていました。

そして自動改札がだんだん主流になり、

今や交通系電子マネーの時代になりました。

あれから30年でここまで変わるとは思ってもみなかったのですが、

あの「ピッ!」という音で「ありがとうございます!」の代わりにはならないしなあ。

何だか冷めた時代になったと感じます。

 

駅員さん、バスの運転手さんのいうありがとうは、

当然ながらお客としての僕たちに対してのありがとうです。

お客さんがいないと、路線の収支にかかわり存廃議論になってしまいます。

利用客がいての運転手なので、こちらはお分かりだと思いますが、

鉄道路線・バス路線があることに対して、

もっと広義に「利用できる交通があること」に対して感謝の念を抱いている人は、

そうそういないのでしょうかね。。。

 

僕は青春18きっぷなどの旅では、今は廃止となった路線にも乗車してきました。

2本のレールの上をゆっくりと走る鈍行列車に揺られていること、

僕にはこの乗っている時間や空間、体感そのものが楽しくて貴重でした。

でも、存廃論議が出る前の旅では、

どこか鉄道があるのがあたりまえに感じていて、

「また来たいときには来れる」という感じでいたのかもしれません。

しかし、その地方の人は

そこに線路があって列車が走っていることは当たり前になっていたんでしょうね。

幸いにも自分の地元は大手私鉄と言われる路線が走っていて、

「明日からは電車が走らない」という経験はしたことがありませんので、

廃線となった路線を抱える地方の事情は分からないのですが、

そこに線路があって電車が走ってることって、

よくよく考えればすごいことで、

よくよく考えれば物凄くありがたいことなんですよね。

一般の利用者はそこまで考えられていないでしょうね。

僕も東急田園都市線に乗っていて、そこまで考えてないから。

 

何にでも通じることでしょうけど、

自分の身の回りにあるものって、

「あって当たり前のものなんか一つもないんだ」ぐらいの感覚でいいと思うんです。

毎朝乗る鉄道路線が遅延が多いとかぶつぶつ言う声が聞こえますが、

その路線がなかったらどうか?なんて考えてない人の考えることです。

「だったら違う路線で」とかいう話ではない。

鉄道があることの恩恵を受けているのだ、ということを理解しないといけませんね。

電車に乗るとき、駅の改札でピッとタッチした時に、

心の中で「ありがとうございます」って毎回思える人でいたいですね。