幸せな人生のための心理学っぽいブログ(笑)

2017/11/25タイトル変更!前向きに幸せに生きたいので、タイトル変えました。うつ病を乗り越えたときの苦労を音声でyoutubeで上げてます。気持ち悪くなければ聞いてみてください(笑)https://www.youtube.com/channel/UCxFu3CBmQini8FAdSmQdp3A/videos

周りの人だって

周りの人だって

生きてます。

 

だから、

『倖せ』なはずなんです。

どれだけ不幸感が漂っていたとしても、

生きている限り価値があり、

生きている限り倖せである、、、はずなんです。

 

だから、

周りの人たちも倖せなんだ!と心の底から認めること。

多分、これに尽きるんじゃないかなと思います。

幸せになる勇気とは?

連投すみません!

 

さて、幸せになる勇気とは、

一体何なんでしょうか?

 

????

 

幸せになる勇気とは?

 

僕は一つ、確信して思うのが、

不幸せに合わせない事。

初めはうわべでも

心の底に侵蝕するのが不幸せ。

 

だからこそ、

無理をして不幸せに合わせない、

うわべでも合わせると、

癖になって抜け出せなくなる、

麻薬並みに危ないんですよ。

 

生きること、

すなわち幸せ。

 

生きること、

すなわち幸せ。

これに尽きる。

 

幸せとは?

あなたにとって、幸せとは何ですか?

 

???

 

あなたにとって、幸せとは何ですか?

 

???

 

あなたにとって、幸せとは何ですか?

 

???

 

それは、考えていた『今、その瞬間』です。

 

今、その瞬間(とき)を生きていることです。

 

もう、すでに、満たされているのです。

 

当たり前すぎて気が付かないことですが、

もう私たち、満たされているんです。

 

少し辛い話しますが、

不幸せとは何か?

『当たり前の幸せに気づかない』ことです。

『満たされている自分に気付かない』ことなんです。

 

また、不幸を引き寄せる魔法の呪文があります。

それは

『幸せになりたい』ということ。

幸せになりたい、と口に出して言ってしまうのは

現状を否定しているんですものね。

今、幸せじゃないから、幸せになりたいと願う。

幸せになりたい!と言えば言うほど、

現状否定を積み重ねることになりますから、

幸せから遠のいてしまう、

または、幸せとの距離が縮まらないのでしょうね。

 

人の幸せと書いて『倖せ』という字もありますね。

 

もう僕は『倖せ』です。

 

 

 

今生きている。。。

もうすでに幸せなんです。

何も言うことがないんですよ、本当は。。。

 

自分の人生に興味を持つ

自分に興味ありますか??

自分の人生に興味ありますか??

 

けっこう重要なことが抜け落ちていたことに、

うすら禿げが気づきました(笑)

 

収入とか支出とか、

数秘術的な意味とか、

これまで何をしてきたか?とか(セミナー受講歴、読んだ本など、なんでも)

本当に興味持ってなかったな~と思った。

 

当たり前すぎて、毛根死ぬわ(笑)

 

過去の自分の人生について興味を持っていなかったということは、

今の自分の人生にも興味がない。

未来の自分の人生にも興味がない。

 

今の自分の人生に興味がないということ。

今朝の体重は?

朝ごはんを何時に食べたか?

運動した?

本読んだ?

お金いくら使った?

 

瞬間瞬間で考えてないというのもあるけど、

無意識の部分も影響はしてると思うんだけど、

自分の人生に興味があれば、

もう少し考える。

今までそれがなさ過ぎたのかな。。。とも思える。

急に湧いてきたことなんだけど、そう思う。

 

自分次第という言葉をよく聞く。

だけど、自分と言えども、いろんな自分がいる。

直近を切り取って考えると確かにそうだけど、

長い目で自分の人生を振り返ると、

自分に興味あったのかよ?と思った。

その瞬間瞬間に、自分の人生に興味をもって、その選択をしたのかよ?

と思った。

 

その最たる例が支出額の多さだった。

消費者金融にも手を出した。

ETCカードに付属するカードでリボ払いで買いまくった。

毎月1万7千円返済してるけど、そのうち利息と手数料が7000円だって、

今日気が付いた(バカ)

クレカ3枚あって、でも今の月収の明細の支給額みて14万で愕然とした。

それまでは給与明細にすら興味がなかった。

そのまんま自分の欲望を満たすことしか考えていなかった。

 

ゴルフもしたいし、車でダムに出かけるの好きだし、

鉄道旅行もしたいし、音楽聞きたいし、

女の子が近くに来てくれるお店好きだし(笑)

お酒好きだし、

でも自己啓発したいからセミナーにいきまくったし、、、

 

何でもかんでもやりたいことやってりゃ、

いつかこうなることは目に見えてた。

結果、リボ払い残高の65万と消費者金融合わせて、現在105万の借金なり。

 

 

そんなざまだから、未来の自分になんか興味持てないんだよ。

 

だから自分の命を粗末にしようとするのさ。

部屋が汚くなるのさ。

自分を痛めつけようとするのさ。

無理しようとするのさ。

彼女もできないのさ。

 

全部自作自演の悲劇のヒロインになろうとしてたと、

ようやっと腑に落ちてきた。

 

自分で書いててむなしくなる。

でも、同じような人いるかもしれない。

だからそういう人を少しでも救いたいし、

そういう人たちのために何かできることないかな?って模索してる。

 

ってことは、

このブログのタイトルも【庶民のための】というのはやめて、

【幸せな人生のための】に変えちゃお(笑)

だあってさあ、

幸せな自分になりたいからね。(笑)

お金持ちになりたいという意味じゃないからね。

【幸せに生きたい】と心から思うからね。

 

自分が幸せになり、その幸せを周りに波及させる使命があるということが、

無意識からのメッセージなのかもしれないですね。

Oh、もうすぐ12月だ。

よし、幸せになろう。

自分で自分がわからなくてあたりまえ

長野市に来ています。

とある方とのセッションを楽しんできました。

詳細は書けませんが、

僕についての一番の収穫は、

 

『自分がやりたい』と思ってやったことが、

実は無意識レベルでは望んでいなかったということ。

 

これは。。。

ムムムでした。。。。

 

自分が好きだから昔からやってきたことなのに、

知らないうちに自分を傷つけていることもあったんですね。

そんなSOSにも気づけなかったこと、

今は後悔している。もう戻ってこないから仕方ないんだけどね。

 

意識的に自分が『やりたい!』と思ったことでも、

実は【自分が心の底からやりたいことではない】場合もあるんですね。

 

ましてや、今の状態はまさにそのもの。

リアルタイムで自分がマトモかなんて判断できない。

でも過去を見すぎてもよくないことは腑に落ちたので、

今ここをしっかりと生きて、未来を生きていこうと思う。

 

 

会社とは

最近、記事をにぎわせている不祥事。

この『不祥』という感じを、

今の今まで『不詳』だと勘違いしていました(笑)

年齢不詳の『不詳』と間違って理解していました。

不祥事とは【よくわからないこと⇒よくないこと】だと思っていましたが、

正しくは【愛でたくないこと・不吉なこと】という意味のようです。

ハイ、漢字の授業は終了です。デハ(笑)

 

年齢不詳39歳独身が、不祥事について語ります、、、

とか言ったら、「見た目のことか?」と聞かれそう(笑)

 

辞典的な意味は、

『商行為その他の営利行為を業とする目的で設立した社団法人。株式会社・合資会社・合名会社などがある。』

だそうです。

へえ~へ~へ~、、、3へえ止まりでした。(笑)

まあ、営利目的と書かれていますから、利益が上がらないと何もならんと

いうわけですな。

利益ねえ。

どうですかね。。。

僕的な考えですが、

まあ、形があれどなけれど、それを売る=提供することによって、

見返りにお金をいただき、原価を除いたものを利益として給与として

社員に還元していく、みたいな感じなんでしょうかね。

 

ほんでですね。

ここからなんですけど、要は会社というものは、

人が動かしとるわけなんですよね。

独りで会社をやってたとしても、100人でやってたとしても、

100000人でやっていたとしても、

なんせ、人が会社を動かしとるんですよ。

ということは、

経済やら社会やらを動かしているのは、人が動かしているというわけですね。

で、

人が動くのは、人の心が人を動かしているわけなんですよね。

ということは、

人の心が会社を動かし、経済やら社会やらを動かしているという

構図が生まれるんですね。

10万人でも100人でも1人でも、

会社を作って運営しているということは、そういうことなんですよ(笑)

一見ピントがずれているようにも思えるかもしれませんが、

僕は人の心が経済や社会を動かしていると思うんですよね。

だから、今の経済のような『強い経済』という言葉が独り歩きする状況は、

正直怖いですよ。

お国が介入して強くした経済は、人の心が動かす経済とは意味が違いますし、

ここでいう強さはあくまで株価とかの話であって、

本当の強さは、個人個人が『自分が生きている価値がある』と認めることだからです。

 

この『人が会社を動かし、社会や経済を動かす』という概念を理解できてないから、

不祥事が沢山起こっているのではないかと思うんですね。

人事のようにして叩きまくる世の中、大分変だと思っています。

ええ、僕も変でしたから。(笑)

 

大きな根っこは人の心なんですよ。ゼッタイにそう。

心が歪めば、社会もゆがむ。経済もゆがむ。

仕組みを変えてもうまくいかないのはなぜか、

それは人そのものが変わらないからです。

会社を変えるとか大きな声で言う人いるけど、

経営者の人たちがいくら叫んだって、人の心が変わらないと何も変わらない。

 

じゃあ、人はどうやって変えるんだ?と思ったら、

、、、

これはまた別の回に書きます。

パクリと融合/表裏一体

前の記事で、こんなこと書きました。

tetsu-shinri-hakken.hatenablog.com

 

今朝も宮島先生の本を読んでいましたが、、、

その前の話からします。(笑)

 

8年ぐらい前に心理セラピーを受けて、

そのセラピストの方が昔学んだNLPという心理学を勉強し、

そのNLPラーニングセンターというところでフォトリーディングという

読書法を学びました。

1冊1時間かからずに本を読める、

各ページを写真に撮るかのように読んでいくという、

(かなり説明下手(笑))

とりあえず、すごい読書法なんですが、

それを学んでから、

僕は心理学の本をフォトリーディングで読みまくりました。

恐らく100冊以上は読んでるでしょう。

ま、全ての内容をすぐに言えるようになるわけではありませんし、

神田昌典さんみたいに凄く読めるわけでもない。

だけど、たくさん読んだのですね。

ぶっちゃけ、ほとんどが脳が処理してくれるような読み方ですから、

いちいち覚えてられないわけですけど、

でも、たくさん読んだのです。(猛アピール)

 

昼間っからポテチにビール飲んでますけど、続けます(笑)

 

で、

昨日宮島先生の本の内容を読むまでの間に、

自分のBlogで本と同じような内容を何個か書いていたんですね。

自分がブログを書くときは、特に何か本を横に置いて書いたりはしないし、

引用するときは殆ど出典先を掲載するようにしているのです。

つまり、殆どの内容が自分の頭の中で形成されて、

文書になっていくんですね。

で、後から気づけば、同じ内容が何個かあったと。。。

 

でもって、ビール2本目に突入しますが(笑)

 

これは『パクリ』になるのでしょうか?

 

躁うつ病になってからは全然本は読めていないのですが、

その前に読んだ情報は実は脳、もしくは潜在意識に残っているんですね。

潜在意識に残っている情報は、ビックリするぐらい

リラックスしている状態で(ふぁっ)と出てくるんです。

最近でこそ乗れていませんが、中央本線であずさに乗っているときなんかは、

よく出てきます。

その時の驚きといえば半端ない。

「うぉーっ」って感じ。

自分天才か?って褒めまくりなんですよ。(笑)

 

下の写真をご覧くださいませ。

f:id:yamatoji-rapid0721:20171118134801j:plain

これはあくまでも僕の経験則ですが、

本を読んだことも含め、『できごと』とひとくくりにしますが、

『できごと』は潜在意識や脳にある2つのフォルダに振り分けられていく、

と【勝手に】僕は思っています。

一つ目は「教訓フォルダ」、もう一つが「トラウマフォルダ」です。

で、振り分ける契機となるのが、

自分もしくは他人の【判断基準】なんですね。

自分もしくは他人が「よかった・すごい・すばらしい」などの

プラスの判断基準でその『できごと』をとらえれば、

教訓フォルダに振り分けられます。

で、

自分もしくは他人が「ダメ・NG」という

マイナスの判断基準でその『できごと』をとらえれば、

トラウマフォルダに振り分けられます。

 

そういう仕組みが脳、もしくは潜在意識にはあるんではないかと思っています。

で、教訓フォルダの中では、

教訓として振り分けられた出来事が自然に体系化され、

しっかりとしたものに成長していきます。

要は確信をもってその出来事について語れるようになります。

個人的に僕は『融合』と呼ぶようにしています。

しかし、トラウマフォルダの中では、

トラウマとして振り分けられた出来事はそのままの形で残り、

どんどんと溜まっていってしまって、フォルダの容量をオーバーしてしまう。

【個人的に】その状態が『躁うつ病』と呼ばれる正体だと思っています。

 

あ、話それてる。ま、ビールのせいということで(笑)

 

で、融合されたこと、要は自分で体系化されたことは、

僕は『パクリ』には当たらないと思っています。

【よし、パクろう】

と思って意図的に使うことを『パクリ』と呼ぶんじゃないかと思っています。

 

ここ最近、ネット上で炎上しているパクリ疑惑の数々も、

本人が意図的に使おうとしない限り、

僕はパクリにならないと思ってるんです。

そんなこと言いだしたら、きりがない。

カバー曲という概念なんて成り立たなくなるもんね。

 

 

それと出したついでにもう一個だけ。。。

 

さっき書いた『できごと』が、教訓になるかトラウマになるかは

自分もしくは他人の【判断基準】で振り分けられるもので、

『できごと』自体は、いっさい、形も姿も変わらないものなのです。

 

このことに気付いた今、自分的にですが、

躁うつ病になった原因が

自分:他人=50:50(フィフティー・フィフティー)だとおもいました。

『できごと』に悪い付加価値を与えて、トラウマフォルダに入れたのが、

自分の場合もあるし他人の場合もある。

頑張りすぎとか人間関係もあるけど、

結果的にそれも含めて、50:50だなと思うんですね。

 

さて、この身体からのメッセージを踏まえて、

将来をどうするのか???

じっくり考えようではありませんか!!^^