あなたの問題を解決する    『鉄道×心理』の世界へ

「今抱えている問題は、今とは違う場所が解決してくれる」鉄道と心理学をミックスし、新しいものを発信します。 旧鉄道Blogはこちらからhttp://ameblo.jp/louis0721-0618/

思い通りに行かないとき

急に涼しくなり頭から風邪を引きそうになったRUIです。
ジメジメ感は少し嫌ですが、心地よい涼しさです。こんな気温が続けばなぁ。


会社でルーチンワークの予定を組むI君は、ルーチンワーク担当者のローテーションも担当するようになりました。
予定を組むにあたり、研修を進めることも考えなければなりません。
一日の作業量が膨大なので、研修をしようとしてしまうと残業になってしまう、という状況でかなり厳しいです。しかし、周囲の社員からはあまり協力を得られず、でも上長からは進めないと怒られるという立場なので、最近のI君は疲労困憊気味です。

さて、どうしてI君は思い通りに行かないのでしょうか?

僕も周囲の社員の1人ですが、端から見ていて思うのは、『怒られるのが嫌だ』という気持ちが先にたってしまっているからだと思いました。物事を進めるにあたっての動機・理由付けが少しずれているのです。
本来の研修の目的は、社員が出来る仕事の幅を広げることにあり、それにより如何なる状況にも対応出来るようにするのが最終のゴールです。そのゴールとずれてるから思い通りに行かないのでしょう。

思い通りに行かない時は、自分の動機とゴールをチェックしてみると良いかも知れません。