名前のないブログ

2018/1/13タイトル変えすぎっ!(笑)メンタルの話メインに何でも書きます。辛くなった時、読んだらほっこりできるブログを目指します。

上から目線のメルマガに注意

うつ病でしんどくなる前に、僕は自己啓発のために、

自分のためになる「かもしれない」人のメルマガなどに登録しまくっていました。

特に【無料】という文字にあほみたいに反応し、

登録しまくっていたんです。

 

でも、うつ病でしんどくなったら一切見なくなったんです(笑)

どうしてか???

見るだけでしんどいからです。

療養休暇の期間中、

ただでさえ重たい体に重たい心を持ち、

過行く時間の遅さに気が狂いそうな毎日を過ごしていたのに、

『前向きに頑張っていこうぜ!!ゲッツ!!!』みたいなメール、

どうしたら読む気になれるねん(笑)

 

まあ、躁になったらなったで、出しゃばりな自分も顔を出してしまって、

youtubeで音声残したりしてるし。。。(笑)

でも、これはこれで、今となっては勇気を出せてよかった事例なので、

躁は躁で侮れないんですが。

 

で、メルマガの話。。。(笑)

某、メールマガジンで配信されてきた内容に

『凡人のための…』というタイトルの音声が入っているものを見つけました。

頭の中にカッチーン、という音が鳴り響き、

自分がブチ切れてしまいました。

僕の心の声は、

「ワレ(関西弁:「あなた」という意味)、何様やねん」

メルマガ送信者は、

コンテンツビジネスで成功した起業家とうたっている人です。

この起業家、めんどくさいのでコイツと呼びますが(笑)

コイツはウン十万という値段でコンテンツを売りつけています。

起業して成功した瞬間、

自らを起業家と名乗り、高額のコンテンツを売りつけるビジネスで

財を成している人たちは、

いずれ自然消滅しますので、僕は起業家詐欺師と呼びます(笑)

 

真の起業家は、つらくて厳しい時代を生き抜いた経験を経て、

起業してつらい経験を経て財を成しているので、

その経験をもとにコンテンツを提供する相手に目線を合わせています。

 

起業かを見分けるコツはここにあります。

 

上から目線の起業家はNGです。

百田さんのいう「クソ」野郎です(笑)

 

凡人でつらい経験をして大変な思いをして這い上がった人は、

コンテンツを提供する人に対して「凡人」という言葉を使いません。

なぜなら、凡人でつらい経験をした人にとって

その経験はトラウマ以外の何物でもないからです。

凡人時代の辛い経験を経て、

「自分以外の人に同じようなつらい経験をさせたくない」

という動機で事業を立ち上げた人は、

上から目線には絶対ならないです。

 

ネット社会と呼ばれて10年近くになりますが、

パソコンの前にいる私たち、ユーザー側がしっかりと選別する時代になったのです。

しかし、その方法論は正直確立されていないのが現状です。

 

どうしてネットで炎上することが多くなったのでしょうか?

炎上させたい人が増えたからでしょうか?

違います!

ユーザー側の選別が出来ていないからです。

正しい情報とそうでない情報の選別が正しくできていないから炎上するんです。

残念ながら、心理学の世界も同じ事が起こっているのです。

心理学をホンキで極めた人以外がはびこりすぎて、

どれが本当に正しい心理学なのか、よくわかんなくなっているのです。

 

真面目にやっている人が損する時代を終わりにしたい、そういう気持ちを

強く持って、一致団結して世の中を変えていきたい、

と朝一番に寒川神社を出て思ったのでした。